アル中にならないために

お酒はおいしく楽しいものです。しかし、飲み過ぎると体を壊し、果てはアルコール中毒に至ってしまいます。アルコール中毒は身近に存在する「病気」です。酒飲みというと、赤塚不二夫だったり、中島らもだったり「気のいい酔っぱらい」というイメージがあるかもしれません。しかし、それはファンタジーに過ぎません。アルコール中毒は、しみったれていて、救いようのない世界です。アルコール中毒にならないためには、どうすれば良いのでしょうか? 対策法を考えてみましょう。


酒だけを飲まない

アルコール中毒に陥る人は、酒だけを飲んで、何も食べないという人が多くいます。食事と一緒にお酒を楽しむ。あるいは、肝臓にいいものを食べるようにする、といったことを心がけるようにしましょう。

家で飲まない

アル中は常時飲酒という状態に陥ることによって起こります。これは、起きている間、常に酒を飲んでいるような状態をいいます。こうした状態に陥らないためには、飲む時間、飲まない時間、そして飲む場所、飲まない場所を切り分ける必要があります。いつでも飲めるような場所、例えば自宅に酒を置かないというのも手でしょう。

理由をつけて飲まない

酒を飲む理由は何でしょうか。ストレス解消、さみしさを紛らわすため、寝酒のため、そうした理由を付けて飲んでしまうと、飲酒の「ためにする理由」が生まれてしまいます。こうした言い訳の回路を作らないというのも大切でしょう。

「アルコールも飲める糖質制限ダイエットって何?」の詳細を調べる

    
コメント