新しい大学群の呼び名

同じようなレベルの大学をあらわすフレーズがよく使われています。代表的なものでいえば「MARCH」や「日東駒専」でしょう。MARCHは、明治、青山学院、立教、中央、法制など、主要な六大学とその周辺の大学を集めたものです。日東駒専は、日本、東洋、駒沢、専修というミドルクラスの大学を呼び習わす言い方です。同じく関西圏には「関関同立」という呼び名もあります。関西、関西学院、同志社、立命館をくくったものです。こうした大学群というべき呼び名には新しいものも生まれています。


関東上流江戸桜とは

関東地方では、関東上流江戸桜という呼び名があります。これは「日東駒専」「大東亜帝国」とつぐ、大学の序列をあらわしたものです。具体的には、関東学園、上武、流通経済、江戸川、桜美林をさします。いずれも、群馬、茨城、千葉、神奈川など、東京都外にある大学です。地方から来るというよりは、地元の高校生がそのまま進学するような大学として知られています。

現在は、このような地方における私立大学が多くできあがっています。そのため、かつてのように、大都市圏の大学へ行き、ひとり暮らしや下宿暮らしをするという、大学生像は古いものとなりつつあるのは確かでしょう。さらに現在は学費も高いので、ひとり暮らしをする経済的余裕がないというのもあるでしょう。中には2時間以上の時間をかけて長距離通学をするような学生もいるほどです。

「偏差値の仕組みとは?」の詳細を調べる

    
コメント