「バカ画像」とは何か?

出版界ではある時期を象徴するなブームがあります。その一つが「バカ画像」でしょう。バカ画像はネットに広まっている、バカな画像を集めたものです。そこに秀逸なキャッチコピーなどをつけて、編集したものが「バカ画像本」でした。


元祖は鉄人社

バカ画像本の元祖は『裏モノジャパン』でおなじみの鉄人社が発行したものでした。単価は500円と安価なもので、コンビニ売りを中心に爆発的な売れ行きをしめしました。マックスでは28万部を記録したといわれています。もともと、素材はネットから拾ってきたものなので、経費はほとんどかかっていません。その場のキャッチコピーと編集にかかる作業代金くらいのものでしょう。

便乗しても売れる

この本が驚異だったのは、ほかの会社が次々と便乗本を出しても売れ続けたことです。もちろん、監修者をたてたり、あるいは、特定のジャンルに特化したバカ画像を集めたものもありましたが、二番煎じ、三番煎じはもとより、十番煎じくらいまで売れつづました。なぜこれほど売れたのかといえば、ネットに膨大にあるバカ画像を、あらためて紙にアウトプットされてみると面白いというカタログをながめるような魅力があったためといえるでしょう。出版不況がさけばれて久しいですが、一瞬のバブルであったといえるものがバカ画像本であったのです。

「平積みと棚差しとは?」の詳細を調べる

    
コメント