安らかに眠る方法ベスト3

「安らかに眠る」とはつまり死んでしまうこと。「自殺はいけない」というなんら根拠のないことが信じられていて、自殺するような人は心の弱い人と平然と言われていることに疑問を感じませんか?「強く生きろ」なんて平然と言われている世の中は、閉塞していて息苦しいものです。息苦しくて、生き苦しいです。だから、「イザとなったら死んじゃえばいい」っていう選択肢を作って、閉塞してどん詰りの世の中に風穴を開け、風通しを良くすることで、少しは生きやすくなると思います。そこで、苦しい自殺法ベスト3をご紹介します。


■苦しい自殺法ベスト3

1. 焼身

とにかく苦しいらしいです。世間になにか訴えるために死にたいなら、焼身自殺ほど影響力の大きいものはありません。

2. 飛び込み

衝動的な自殺願望にうってつけです。駅構内よりも線路上が多いく、7月・8月が多いです。夕方6時から7時で、7割男性が男性です。曇が多い日は飛び込み自殺が増加します。また、飛び込み自殺は家族への多額の賠償金を覚悟してください。急ブレーキだけでも請求されてしまいます。山手線ならラッシュ時で数百万円、残された家族のためにも絶対にやめましょう。

3. ガス中毒

都市ガスでは楽に死ねません。もっとも美しいが、脱糞だけは避けたいところです。また、周囲の住民にもガス爆発など迷惑をかけるのでやめましょう。ガス自殺未遂で実刑判決を受けることもあります。

でも、こんな苦しい思いをして自殺するくらいなら生きているほうが楽だと感じませんか?肩の荷を下ろして、思い悩んでいたことなんてふっ飛ばして、気楽に考えてみてはいかがでしょうか?

「完全自殺マニュアル(鶴見 済)」の詳細を調べる

    
コメント