びた一文の「びた」って?

よく、お金に関して「びた一文」という言葉が使われます。これは、気に入らない相手にお金を払わない時などに「びた一文も払わない」あるいは、お金がないときなどに「びた一文もない」、あるいは値切り交渉に対して「びた一文もまけられない」といった使われ方がします。いったいびたとはどのようなものでしょうか?


価値の低い金、偽物の金

びた一問の「びた」とは、もともとは「鐚銭(びたせん)」と呼ばれていた、粗悪な作りの貨幣を指します。かなり難しい時ですが、作りを見ていくと、金と悪が組み合わされています。つまりは「(作りが)悪いお金」といった意味を持つものであったようです。

これらの粗悪な金は、時の幕府の発行とは別に、民間で勝手に作られていたものです。つまりは、いまでならば偽造通貨にあたるものでしょう。それでも、高価な価値を持つものではないので、国家を転覆するとか、そこまでは至らなかったのかもしれません。

作りが悪い

さらに「びた」の語源の一つには「薄べた」「平べったい」といった言葉がなまって、びたとなったという説もあります。これは、作りの悪い「びたぜに」が、通常のお金に比べて平べったい構造であったことから、言われていたようです。

びた一文という言葉は、いわば江戸時代から使われていたものの名残です。やはり、びたという響きが端切れがよいため、残っているのかもしれません。今も昔もお金が社会の中心であるということも見て取れます。

「ウインナーコーヒーにはウインナー入り? コーヒーの勘違い」の詳細を調べる

    
コメント