カナダは何語が話される?

カナダはアメリカ合衆国の北にある国です。北米大陸のおよそ半分をしめ、北の部分は北極圏に属しています。とても広大な国家です。この国ではどのような言葉が話されているでしょうか?


英語の国?

カナダで話されている言語としてまず思い浮かぶのは英語かもしれません。西海岸にあるバンクーバーは、ワーキングホリデーをはじめとして英語留学の場所としてよく知られています。実際、カナダでは英語が広く話されています。ですが、カナダにおける公用語は英語ばかりではありません。

フランス語も話される

カナダでは英語とともにフランス語も公用語に定められています。東海岸にあるケベック州は、住民のほとんどがフランス語をしゃべります。街の看板などもフランス語で記されており、独立運動が取り沙汰されることもあります。フランス語はケベック州だけでなく、カナダ全体においても公用語に定められています。

第三の言語は?

カナダの公用語は英語とフランス語のみですが、それ以外にも多様な言語が話されています。カナダは移民を多く受け入れている国なので、それぞれの移民の母国語が話されています。中国語の話者は100万人、イタリア語は45万人、ドイツ語は40万人ほどの移民がおり、それぞれの言葉を話します。その中でももっとも多いのがウクライナ人です。カナダにはウクライナ系の移民が120万人強ほどいます。そのため、カナダで話される言語として三番目に大きな数となっています。カナダのウクライナ人は、ロシア・ウクライナ以外ではもっとも多い人数となっています。

少数民族の言語も

さらにカナダの北方には、もともと先住民であるイヌイットもおり、彼らの言語も尊重されています。カナダではマルチカルチュラリズムとよばれる多文化主義という政策がとられているため、自国の中に多様な言語をしゃべる人間が共存することになったのです。

「海外旅行に役立つ情報集」の詳細を調べる

    
コメント