クリスマスイブ本来の意味は?

日本では12月25日のクリスマスよりも、24日のクリスマス・イブの方が盛り上がると言います。このクリスマス・イブはなぜ大事にされるのでしょうか。

夜の意味

クリスマス・イブのイブは夜という意味があります。クリスマス・イブは12月24日を指すものではなく正しくは12月24日の夜の意味です。なぜこのような考え方が広まったのかといえば、かつて西洋では日没で1日が終わり、その夜から新しい1日がはじまるという考え方がありました。そのため、クリスマスである12月25日は、12月24日の日没後からはじまり、25日の日没までとされたのです。

元旦もそう?

これは西洋的な考え方と思いきや日本でも1週間後の新年においては同じような考え方があると言えます。大みそかの夜にカウントダウンが終わると、そのまま初詣へ出かける人は多くいますよね。これは12月31日の夜中は、すでに1月1日であるという考え方であり、クリスマス・イブに近いものとされるでしょう。

イブイブは間違い?

そのため、クリスマス・イブの前日となる12月23日をクリスマスイブイブと呼ぶことがありますが、これは間違っている使い方であるために注意が必要であると言えるでしょう。