缶チューハイの歴史は浅い?

缶チューハイは、ポピュラーなお酒だといえるでしょう。焼酎ベースのアルコールを、フルーツで割ったものが主流です。スーパーやコンビニなどへ行くと色とりどりの缶チューハイが売られています。ポップな絵柄の商品も多く女性も手に取りやすい商品だといえます。さらにビールに比べて安価なことから、お手軽感もあるアイテムとなっています。


歴史は30年ほど?

この缶チューハイ飲料は、昔からあるようでいて実はそれほど歴史は長くありません。缶チューハイ飲料がはじめて発売されたのは、1984年ですから、およそ30年ほどの歴史しかないのです。

居酒屋発祥?

缶チューハイのもととなる、焼酎を炭酸やフルーツのフレーバーで割った飲みものは、1980年ごろから居酒屋の店舗で提供されて話題となりました。これをメーカーが商品化したものが「タカラ CANチューハ イ」です。以降は、多くのメーカーがチューハイの製造を手がけるようになります。ビールやウイスキー、さらに日本酒はお酒が好きな人にとってはおいしいでしょうが、こうしたものが苦手な人もいます。そうした人たちに向けて飲みやすいアイテムとしてチューハイがうまくハマったのでしょう。現在、缶チューハイのシェアは、すべてのお酒の中でおよそ1割を占めるまでになっています。

    
コメント