クロージング映像とは?

テレビ局には、放送終了時に流されるクロージングと呼ばれる映像があります。クロージング映像には意外と隠れファンが多いことで知られています。


放送当時から変わらない?

クロージング映像の魅力はなんといっても放送当時から変わらないアナクロさです。モノクロであったり、カラーであっても、どこかいろあせた印象があったりと、変わらぬイメージを保っています。現在から見ると、どこか不気味さもあわせもったのがクロージング映像です。クロージング映像が終わったあとは、画面は真っ暗になるか、砂嵐になってしまうので、どこか都市伝説めいた風景さえあります。

ラジオにもあるクロージング音声

クロージング映像はテレビだけでなくラジオにもあります。ラジオはテレビとちがって24時間放送がなされているところが多いのですが、一般的には日曜の夜に休止期間があります。その際、局オリジナルのテーマソングが流れたりといったこともあります。さらにアナウンサーの無機質な声で、周波数やコールサインなどが呼ばれることもあります。

日テレの鳩

クロージング映像を代表するものといえば「日テレの鳩」でしょう。テーマソングとして流される曲の題目「鳩の休日」にあわせて、鳩が飛び立ちます。日テレのハトはダウンタウンの松本人志さんが罰ゲームで扮したことでも知られています。

「ボキャブラ天国が再放送できない事情」の詳細を調べる

    
コメント