コラムニストの海外受容

コラムニストと聞くと、どのようなイメージを思い浮かべるでしょうか。おそらく、自分の経験や知識などをベースに、意見を述べる人というイメージを浮かべるかもしれません。しかし、お固いイメージよりも、もうちょっとライトな文章を書く人、何か違った見方を提示する人という印象を浮かべるかもしれません。しかし、そのイメージはむしろ、エッセイストとコラムニストを混同してしまっていると言えるでしょう。


コラムニストの立ち位置

日本ではエッセイストとコラムニストを混同してしまっている人が多いので、コラムニストといえば、何かおもしろおかしいことを書く人という印象が強くなっています。そのため、コラムニストの立ち位置というのは、ちょっと低く見られているのではないでしょうか?

海外では違う見方も

しかし、海外ではコラムニストの立ち位置というのはとても高いものになっています。コラムニストの意見が、世間を動かすくらいの影響力があります。コラムニストは、自分の見識に基づいてしっかりと意見を述べます。
もちろん、スタンスもしっかりとしています。さらに、多くの人に読ませる文章を書くため、文章の内容も毒舌や、ズバズバとしたものいいなど工夫されています。コラムニストはエンターテイナーでもあるということでしょう。自分の意見は書くのですが、それが単なる印象などではない。そこに裏打ちされた説得力のある材料、知識や経験が求められるのがコラムニストなのです。

「オバマ氏、村上春樹氏も使う心を感動させる技術とは?」の詳細を調べる

    
コメント