中央線沿線なぜ文化的?

中央線沿線は、文化的なにおいが強いといわれています。若者向けの安い食堂をはじめ古本屋、レコードショップ、ライブハウス、古着屋などが多く存在します。なかでも高円寺は日本のインドと呼ばれるほどカオスな雰囲気がただよっています。中央線沿線はそもそもなぜ文化的といわれるのでしょうか。なぜそうした町並みを形成するようになったのでしょうか。


新宿を拠点?

中央線が文化的になった理由には新宿を基準に考える必要があるでしょう。サブカルチャーを考えるにあたって新宿というのは外せない場所です。1960年代には新宿駅西口の地下広場がフォークゲリラの会場となり多くの人が集まり、フーテンと呼ばれる奇抜な格好をした若者が多く集まっていました。さらに映画館、小劇場、ジャズ喫茶、書店など文化的なスポットが多くありました。そうした文化を求めて集まってきた若者が住んだ場所が中央線沿線だったのです。中央線沿線は家賃が安く物価も安いため、新宿に通いやすい場所として、これらの場所を選んだのでしょう。

文化的なつながり?

さらに、それぞれの土地にも文化的なつながりがあったといわれます。中央線沿線に古本屋が多くあるのは、戦後に井伏鱒二や太宰治などの作家が多く中央線沿線に住み始めたことにルーツがあるといわれています。さらに西荻窪にはアンティークショップが多くありますが、これは戦前は周辺に高級住宅地が立ち並んでおり、そこにあったものが放出されたといわれています。

大学の多さ

さらに中央線沿線には多くの大学があります。美術系の大学や専門学校が多いというのも、サブカルチャー的な色彩が強くなっていった理由といえるでしょう。新宿には、画材を多くそろえる世界堂もあります。中央線沿線に、アートとかサブカルチャーに興味がある若者が多く集っていったことにより、文化的な町並みを形成していったといえるでしょう。

「中村一義と千葉テレビ」の詳細を調べる

    
コメント