大学受験料なぜ高い?

大学の受験料は国公立大学が一校につき3万円、私立大学は3万5千円かかります。これは一度の受験機会に限ってのものです。例えば同じ学校でも、二つの学部を受けるとなれば私立大学の場合、7万円がかかることになります。3つ受けたとすれば、10万円以上がかかることになります。なぜ大学の受験料はこれほど高いのでしょうか?


貴重な収入源

まず、受験料は大学にとって貴重な収入源のひとつです。第一志望でなくとも、言葉は悪いですが滑り止めとしても受けてもらえるだけで、一人頭3万5千円が大学の収入となります。受験者が千人増えれば、3千5百万円の増収となります。これが三千人になれば、1億円以上が大学の収入となるのです。

受験者のフィルタリング

さらに逆に考えれば受験者をフィルタリングしているのが、受験料であるともいえるでしょう。つまり、一度の受験にあたって3万5千円を払ってくれる覚悟を受験生に求めているといえます。これが受験料が無料ならば、とりあえず受けてみようという人が殺到してしまいます。そうなると、大学側としても事務処理などに手間がかかりますので、その分の手数料として受験料を徴収しているのです。実際、公務員試験は受験機会の平等性を担保するために受験料は無料となっています。そのため、縦横無尽に試験を受けまくったり、模試の代わりに受験している人が現れるといった弊害も指摘されています。

「なにが何でも東大に入る方法」の詳細を調べる

    
コメント