大学の夏休みはなぜ長い?

大学の夏休みは、ほかの学校にくらべてとても長いものとなっています。場合によっては7月下旬から、9月の下旬までおよそ2ヶ月ほどの間が夏休みとなります。大学の夏休みはなぜ長いのでしょうか?


教授のため?

大学の夏休みが長い理由は、まず教授たちの研究期間を確保するためといわれています。大学教授は教育者であるとともに、研究者でもあります。普段は、学生の指導で時間が割かれているので、夏休みのほか、春休みなど長期の休みの期間にまとまった研究をすすめる機会となるでしょう。研究というのはなにも文献を読んだりすることだけではありません。外国へ行って集中的に研究するということもあるでしょうし、場合によってはどこかジャングルの奥地に1ヶ月滞在するという研究をしている人もいます。そうしたタイプの研究となると、やはり、1日の間に時間を作って少しずつ進めていくということにはならないのです。

学生のため?

さらに学生も、卒業論文の基礎調査など時間のかかるものは夏休みの期間に集中的にやるということもあるでしょう。もちろん、最近は学費を自分でまかなうという学生もいますから、アルバイトを集中的にやって学費を稼ぐということもあってよいでしょう。さらにまとまった休みが取れるのは学生時代が中心となりますから、長期の旅行に出るというのもあってよいでしょう。

大学の夏休みはおよそ2ヶ月にわたってつづく長期的なものです。なぜ、大学の夏休みがここまで長いのかといえば、単に遊びたいというわけではありません。教育者であるともに、研究者である教授や講師たちにとって、まとまって研究期間が確保できる貴重な機会となっているのです。さらに、学生にとってもまとまった時間が取れるため、アルバイトで学費稼ぎ、あるいは自由に長期旅行などさまざまなオプションが選択できます。長期の夏休みは教授にも学生にもメリットがあると言えるでしょう。

「偏差値の仕組みとは?」の詳細を調べる

    
コメント