大学卒業式なぜ遅い?

大学の卒業式は、3月の下旬に集中しています。さらに3月25日前後に集中することが多いようです。なぜこれほど遅いのでしょうか?


なぜ遅い?

大学を出てほとんどの人は就職します。4月から新しい会社に入る、場合によっては地方で勤務するという人もいるでしょう。考えようによっては、もっと早いほうがいいのではないかと思います。さらに卒業試験も1月に行われていますから、その後に結果が分かり次第、卒業ということでもいいのではないでしょうか。

受験シーズン

しかし2月から3月というのが受験シーズンにあたります。受験に関わる、事務処理や採点などの仕事が大量に発生するため、卒業式どころではありません。試験は、3月まで続きます。さらに、その後は合格者の入学手続きで忙しくなりますので、卒業式というのはそのあとということになるのでしょう。

出席しない人も

中学校や高校などでは卒業式の参加は義務というべきものであり必須ではないでしょうか。ですが大学の卒業式は参加義務はありません。場合によっては欠席する人もいます。卒業生の人数が多いため何回かに分けて卒業式が行われる大学もあります。

「インターンも学歴差別? 難関大学生が1年生からインターンシップを始める理由」の詳細を調べる

    
コメント