ディープランニングとは何か?

近ごろ、よく聞かれる言葉としてディープランニングなるものがあります。これはいったいなんなのでしょうか。


ディープランニングとは?

ディープランニングとは、人工知能の根幹をなす技術です。例えばニュースなどで話題になっている将棋やチェスで、人間とコンピューターが対戦する企画、これはディープランニングを象徴するテーマだといえるでしょう。相手の筋を読み、これまでのパターンと組み合わせて複雑な思考を人工知能が行うこと、これこそがディープランニングなのです。これが単にゲームのパターンを分析するだけでなく、例えば経営改善や中長期的な経営計画などにも応用できます。

なにができるのか?

そんな人工知能とディープランニングにまつわる最新の知見をフォローした本が松尾豊「人工知能は人間を超えるか」(KADOKAWA / 中経出版)です。著者は人工知能研究の第一人者であり、人工知能研究のこれまでの経緯をふりかえりながら未来を予見します。著者によれば、人工知能研究はこれまでブームの浮き沈みを繰り返していると指摘します。人工知能がどんどん発達してゆき、やがては人間を支配するようになる、といった話には否定的です。そもそも人工知能とは、ディープランニングとは、その概念をつかむために最適な一冊だといえるでしょう。

    
コメント