ダブルとツインの違いは?

ホテルを予約する際、お部屋のベッドにおいてダブルとツインなるものがありますが、この2つにはどういう違いがあるのでしょうか。


ダブルはベッドはひとつ

ダブルとあるのは、ダブルサイズの大きなベッドが一台だけある部屋になります。この部屋に2人で泊まる場合には、基本的には1つのベッドで寝ることになります。一方でツインというのは、2つのシングルサイズのベッドがあるお部屋になります。それでありますので、2人組で宿泊予約をする場合には、ベッドがダブルであるかツインであるかは重要な選択肢となりますので注意しましょう。

ベッドのサイズは?

さらにベッドのサイズも複数あります。シングルベッドというのは一人が寝転がれるくらいのシンプルなベッドになりますね。さらにそれよりも広めなものがクイーンサイズ、それ以上となるとキングサイズのベッドになります。特に海外旅行の予約の場合には注意が必要です。日本だと当たり前のようにある2人部屋という概念は海外にはありません。部屋の大きさによって値段が異なってきます。この2つのベッドがある2人部屋というのは、日本の旅行会社が作り出したものだと言われています。ツアー会社と組んだ日本人御用達のホテルにおいて2人部屋があるというだけであって、ほかの部屋も同じだとは限らないのです。これは日本と海外のカルチャーギャップというべきものですから、留意する必要があるでしょう。

    
コメント