イートインは和製英語?

イートインと呼ばれるものがあります。コンビニエンスストアやスーパーマーケットなどで購入した商品を持ち帰らず、その場で食す場所ですね。簡単なお茶のサービスなどが用意されているところもあり、ちょっとしたくつろぎのスペースとしてもよく知られています。


英語ではない?

このイートインというのは、英語ではありません。海外では使われない用例ですね。海外のファーストフード店などでは「ステイ オア ノットステイ」と聞かれることが多いようです。いわゆる和製英語のひとつと言えますが、なぜこの言葉が誕生したのでしょうか。その背景を探ってみるとなかなか興味深い事実もありそうです。

ドライブイン?

イートインに近い言葉としてドライブインがあります。途中で立ち寄って食事などをするものですね。これがイートインとなんとなく響きが似ています。しかしながら、ドライブインは車がインするのであり、食べるイートがインするわけではありません。さらにホテルなどでは予約をしていない場合を、ウォークインと呼ぶことがありますが、こちらとも用法が異なります。

食べながら入店?

イートインを直訳してしまうと、何かを食べながら店に入っている、あるいは入ってくるといった意味になりますので、コンビニなどのイートインとはだいぶニュアンスが異なることがわかるでしょう。

    
コメント