江戸時代の人の身長は?

日本人は世界的に見れば身長が低い民族といわれています。さらに、昔は身長が低かったと言われています。これは栄養状態などが影響していたといわれています。それでは、明治時代の前、江戸時代のひとたちはどれくらい大きかったのでしょうか?


今よりは低い

江戸時代の人の身長は、男性が155センチから158センチ程度であり、女性は143から146センチ程度といわれています。これはかなり小さいといえるのではないでしょうか。現代の日本人の平均身長といえば、男性が170センチ程度、女性は160センチ程度ではないでしょうか。男性の158センチといえば、ナインティナインの岡村隆史さんが156センチですから、それくらいになります。岡村さんは「小さいおっさん」ですが、江戸時代ならば平均的な身長だったのです。

なぜわかる?

なぜ、江戸時代の人の身長がわかるかといえば、墓地などから出土した骨によって推定されています。江戸時代はすでに埋葬の文化もあり、さらに土葬であったため、骨がそのまま残っているケースもあるのです。もちろん全身の骨は残っていませんが、大腿骨など特定の部位の骨が残っている場合は、そこから身長を推定することが可能です。

平均身長以上の人も

もちろんこれは平均身長ですから、現在人のような大男もいました。

「体内時計(サーカディアンリズム)と睡眠の関係」の詳細を調べる

    
コメント