江戸お盆なぜ早い?

お盆といえば全国的に8月の中旬に行う行事ということで決まっています。ですが、東京や横浜など一部の地域ではすでに7月にお盆を済ませるところが多くあります。この時期に送り火と迎え火をやることはもちろん、盆踊り大会も行われます。なぜ、東京のお盆は早いのでしょうか。


旧暦と新暦

もともと日本では旧暦と呼ばれる太陰暦が用いられていました。その時は全国的に7月がお盆の時期でした。旧暦というのは新暦に比べて1ヶ月くらい行事にズレが生じます。しかし明治時代に入ると新暦である太陽暦が用いられるようになり、そこで、お盆の日時にもズレが生ずることになります。行事への対応というのは各地域によってばらばらですが、東京では暦は新暦のままで、行事は決まった日に行おうということになりました。なぜこうしたことになったのでしょうか。

諸説ある

お盆を7月のままにしたというのは諸説があります。「こち亀」こと「こちら葛飾区亀有公園前派出所」では両さんが「江戸っ子は気が短いからお盆は早く済ませて、夏は海で遊ぶんだよ」と言っていますが、これはあとづけの理由でしょう。一説には東京というのは江戸時代から全国各地から人が集まってくる場所でした。そのため江戸のお盆は早く済ませて、8月のお盆は地方へ帰ってもらえるようにする、といった目的もあるようです。地方から東京へ来た人が、7月盆の風景を見るとどこか違和感があるのはそのせいでしょうか。

「体内時計(サーカディアンリズム)と睡眠の関係」の詳細を調べる

    
コメント