エロ本編集者の多才ぶり

編集者は本や雑誌を作る仕事です。編集者の仕事は多岐にわたっているため、何でも屋が編集者といえます。さらに、編集者はどの出版社に入るか、どの雑誌で入るかで仕事の内容が規定されることもあるでしょう。例えば音楽雑誌に配属されば自然と音楽関係の仕事が増えていきます。


エロ本はなんでも

編集者の中で、意外と多才ぶりを発揮しているのがエロ本編集者です。アダルト関係の雑誌というのは、だいたい小さい出版社が発行しています。そのため、予算が限られているため、スタッフの数も限られています。文章を書くライターや、写真を撮るカメラマンの仕事も編集者が代行することがあります。さらに、ほかにも写真をレイアウトするレイアウターやデザイナー、さらに文章の校正を行う校正者の仕事なども、エロ本ならばすべて自分でこなす必要があります。場合によっては本に登場するモデル役となることもあります。

なんでもできる方がいい

もちろん専門的な仕事は、ふさわしい人におまかせするのが一番です。ですが、予算がない場合や、スケジュールの都合などがつかない場合はどうすればいいでしょう。さらに雑誌の締切というのは、ぎりぎりの締切がきちっと決まっているので動かせません。そうした時には編集者がやってしまうというのも、ひとつのやり方なのです。本や雑誌を作るために必要な技術をひととおり身につけようと思ったらエロ本編集者になるというのもひとつの手かもしれません。

「夕刊タブロイド紙はなぜ下世話なのか?」の詳細を調べる

    
コメント