学生のうち海外行くべき?

最近は「意識高い系」というフレーズがよくさけばれています。意識高い系大学生が行う行為のひとつが海外旅行です。


海外は行くべき?

最近の大学生は海外旅行へ行かなくなったといわれています。燃油サーチャージなどがかかるため、格安航空券が、決して「激安」ではないというのもあるでしょう。現在でも、東南アジアならば、1万円~2万円代の航空券は存在します。しかし、現在は燃油サーチャージが、航空券代金以上にかかりますから、どんなに安くても4~5万円かかります。大学生にはけっこうな出費です。それでも、海外旅行へは行く価値はあるでしょう。

感動の質が違う

海外というのは当然言葉が通じません。パックツアーなどで行けば、ガイドがすべて何かをしてくれるでしょう。さらに友人に連れて行ってもらえば、友人がすべてアシストしてくれるでしょう。しかし一人旅ならば、すべて一人でこなさなければいけません。飛行機に乗り遅れないように、空港に到着しなければいけません。ホテルを予約していないならば、自分で探さなければいけません。コンビニでは、一言も話さなくとも買い物はできます。お釣りをごまかされることもありません。便利な世界ですけれども、自分でやらなければいけないことは無数にあるので、それをこなすだけでも社会勉強とはなるでしょう。何より、異質な空間に身を置くことは感動の源となります。コンビニでジュースを買うという体験ですら、きらきらとしたものになる海外体験はおすすめです。

「飛行機は行き帰りでなぜ時間が違う?」の詳細を調べる

    
コメント