「30代から始める〜」「30からでも〜」という本にしつこく注目してみた

日々変化する顧客の志向。日々進化するマーケティング。タイトルや本文に数字を入れて具体的な顧客にアプローチする方法が数多く見られます。これはウェブに限ったことではなく、出版業界も同じ。巷には「〜するための10の方法」といった本に溢れています。そこで今回注目する数字は「30」。しつこく30という数字を追っていきます。


1. 『30代を後悔しない50のリスト 1万人の失敗談からわかった人生の法則』

「真面目なだけでは駄目だった...」「失敗を恥じるべきではなかった...」。仕事も板についてくる30代ですが、来たる40代までにしておきたいことが盛り沢山。1万人の失敗談を元に30代で意識しておきたいことがまとまっています。「30代が40代に向けてしておきたい50のこと」が本書の正確なタイトルです。
 

2. 『30代になって体重が気になったら読む本』

次は「ステキなカラダを持つ30代」になるための本。「急激なダイエットはしない」という超がつくほどメジャーな考え方から、満腹中枢の特性を逆手に取ったダイエット方法まで載っています。30代には30代なりのダイエット方法があります!
 

3. 『35歳までに読むキャリア』

「なぜ今キャリア論なのか?」という疑問から出発し、「戦後のキャリアモデル」という構造面と「自らの資質」という個人面について論を展開している本書。年収に関して「バブル期以前入社組は既に課長クラスなので逃げ切れるが、20代30代は40代をピークに衰える」という具体例もアリ。最後には国への政策提言をしています。
 

4. 『30代で年収3000万円を実現した300人に聞いた!稼げる人 稼げない人』

30代で年収3000万円を実現した300人のアンケート調査の結果を元に稼ぐ人の傾向を抽出した本書。職種や睡眠時間、読書量などが載っています。「30代で年収3000万円以下の3000人」に聞き、両者を比較したらもっと面白い結果になりそうです。
 

5. 『30代で頭をよくする一番いい方法―それは、この「1カ月」で実現する!』

本書の頭が良いというのは「知識がある」ということ。使わない知識は無駄と切り捨て、使える知識をアウトプット重視で記憶していくという方法を紹介しています。30代に限らず、どなたでもいつでも活用出来る方法です。
 
今日紹介した本は、ほんの一部で他にも沢山の本があります。「30代」と名のつく全ての本を整理したら何か見えてくるものがあるかもしれません。
 

「30代を後悔しない50のリスト 1万人の失敗談からわかった人生の法則」の詳細を調べる

「30代になって体重が気になったら読む本」の詳細を調べる

「35歳までに読むキャリア」の詳細を調べる

「30代で年収3000万円を実現した300人に聞いた!稼げる人 稼げない人」の詳細を調べる

「30代で頭をよくする一番いい方法―それは、この「1カ月」で実現する!」の詳細を調べる

    
コメント