銀行なぜ金行じゃない?

銀行はお金を扱う場所です。ならば、銀行ではなく、金行の方がふさわしいのではないかと思うかもしれません。なぜ銀行は金行と呼ばれないのでしょうか?


もともとは訳語

銀行という言葉は明治時代に入ってから、銀行を意味する英語である「bank」の訳語として定着していたものです。もともとは中国でも銀行の文字が使われていたという説もあります。さらに、金行を訳語とする案もあったようですが「キンコウ」よりは「ギンコウ」の方が響きが良いということで、銀行案が採用されたという話もあります。

銀本位制を採用

さらに当時の日本は銀本位制を採用していました。銀を用いた貨幣を鋳造することによって経済活動をコントロールする措置です。対する金本位制は、貨幣と同じだけの金を保有することによって、貨幣の絶対的な価値を保障するものでした。金よりも銀になじみがあったために、銀行の名前が使われるようになったと見られます。

金行も存在する

さらに、タイのチャイナタウンをはじめ、世界各地の中華街には金行が存在します。自分で金を購入し、それを預けておくことができるのです。金の値段があがったならば、それを売って利益を出すことができます。いわば、投資の対象として金が用いられているのです。

「強引に「金」にまつわるクイズを集めてみました!」の詳細を調べる

    
コメント