ギザ10とは何か?

10円玉には、周囲にギザギザがついたものがあります。これは、日本において1951年から、1958年の間に作られた10円玉が該当します。


どんな時代?

1951年といえば、日本がアメリカによる占領から独立した年です。年号ならば昭和26年になります。さらに、1958年は昭和33年です。いずれも50年から60年以上前のコインになります。ただ、デザインが変わっていないため、いまだに昭和20年代のコインが流通しているのです。

なぜギザギザ

ではなぜこの時代だけの10円玉にギザギザがつけられているのでしょうか。これは、かつてコインの周囲を切り取って、金属をかすめとる行為があったためといわれています。しかし、これは基本的には金貨や銀貨によって行われていたものです。銅から作られている10円玉では、あまり意味をなさないものかもしれません。銅は確かにお金になる金属ですが、10円玉のすみをちまちまと削って利益が出るわけではありません。

もっともレアなものは?

ギザ10は、最終年にあたる、1958年、昭和33年発行のものが、一番発行枚数が少ないため、プレミアムが付いています。しかし、その他のギザ10は、コレクションのコインとしてのプレミアムな価値はありません。基本的には額面そのものの価値しかないと考えて良いでしょう。

「強引に「金」にまつわるクイズを集めてみました!」の詳細を調べる

    
コメント