金1グラムはどれだけ延びる?

突然ですが、金1グラムはどれだけ延びるでしょうか?  1グラムといえば、ほんの爪の先くらいの量です。果たしてどれだけの長さになるのでしょうか?


おどろきの距離

金1グラムは、なんと3000メートルまでのばすことができます。とてものびやすいものなのです。お正月に飲むお酒の中に金箔入りのものがありますが、それでしたら何百本も入ってしまうような量になってしまうでしょう。金箔というのはけっこうな価値があるように見えて、実はそうでもないというものだったりするのかもしれません。

金は高い

そもそも金の値段は現在どれくらいのものでしょうか。金の価格というのは、常に変動しています。基本的には1グラム5000円程度というのが相場のようです。3000メートルにのびるとはいえ、けっこうな値段がします。それだけ金というのは価値が高いものなのです。

金はお金と等価

金(きん)は金(かね)とも読むように古来からお金と等価で交換できるものとして取り扱われてきました。経済体制でもかつては金本位制というものが取られていました。これはお金の発行量と金の埋蔵量を同じにすることによって、常にお金は金と等価交換できるという保障をつけることによって経済を安定させる手段であったのです。現在では金本位制を採用している国はありません。通貨の発行量を制限することで調整してゆく管理通貨制が取られています。

「強引に「金」にまつわるクイズを集めてみました!」の詳細を調べる

    
コメント