ハガキ職人とはなにか?

ハガキ職人といわれる人たちがいます。これはラジオや雑誌などに、ネタを投稿する人たちです。現在ではメールが主流となっていますが、往年のメディアにならいハガキ職人と呼ばれています。


ハガキ職人はどんな人?

ハガキ職人をしている人間は圧倒的に男性が多いです。さらに、年齢層も幅広く下は中学生から上は30代〜40代の人間もいます。ハガキ職人は、好きなパーソナリティの番組に送る場合と、読まれそうな番組に送る場合とに分かれます。

ハガキ職人のメリット、デメリット

ハガキ職人を行うことでのメリットといえば、やはり好きなパーソナリティのラジオや、有名な雑誌などに自分の名前が載ることでしょう。さらに、能力が認められた場合は、その番組で放送作家としてデビューすることも可能です。しかし、これは、ハガキ職人をしていたからといって必ずしも放送作家になれることを意味してはいないので注意が必要です。

ハガキ職人のモラル

ハガキ職人はアマチュアの活動ですがモラルも問われます。例えば他の番組で読まれたネタを、自分のものとして使いまわす盗用はやってはいけない行為とされています。罰則規定などはないのですが、職人としての倫理が問われることになります。さらに顔が見えないため、他の職人の名前を騙るといったこともできますが、これもやってはいけません。最近ではツイッターなどをハガキ職人の名前でやっている人も多く見られます。

「タモリ式入浴法って?」の詳細を調べる

    
コメント