ハインリッヒの法則とは何か?

ハインリッヒの法則というものがあります。これはもともとは労働災害における経験則として提唱されたものです。アメリカの損害保険会社にて調査を行っていたハインリッヒさんという人によって提唱されました。実体験をもとにしたリアリティのあるものです。


すべてに当てはまる

ハインリッヒの法則は、一つの重大事故の背景に、29の軽微な事故があり、さらにその後ろには300の、事故のリスクがある行為、行動があるというものです。これは労災事故以外にも当てはまるものがあるのではないでしょうか。例えば交通事故に遭遇するリスクは一つの重大な事故の背景に、29の事故になりかねない危険な行動というものがあり、さらに300もの軽微な行動というものがある。その300の中には道路の斜め横断や、赤信号で歩道を渡る、左右の確認をしないといった行動も含まれるかもしれません。

失敗を防ぐ

ハインリッヒの法則が指し示すものはなんでしょうか。そこにあるものは、重大な事故を防ぐために、細かいところにも気をつけておこうということです。細かいところまで確認しなくていい、慎重な確認をしなくていいというような、日常のルーチンになってしまうと、しまいには重大な事故をまねくこともあるということです。ふだんから気を抜かず安全には気をつけておこう、ということなんですが、これは意外と忘れがちです。ですがそれが事故をまねくこともあるということを念頭に置いておくべきでしょう。

「きゃりーぱみゅぱみゅと篠原ともえは似ている?」の詳細を調べる

    
コメント