箱根駅伝は地方大会?

毎年1月の名物行事といえば箱根駅伝でしょう。東京から箱根までを往復する大学駅伝です。しかし、この箱根駅伝が関東ローカルの地方大会であることはあまり知られていません。


正式名称は?

箱根駅伝の正式名称は東京箱根間往復大学駅伝競走といいます。主催者は、関東学生陸上競技連盟です。その名の通り、関東地方の大学が加盟しており、箱根駅伝の出場資格はこの連盟に所属している学校に限られます。ただし、関東地方といってもいわゆる一都六県、東京都、千葉県、茨城県、群馬県、栃木県、埼玉県、神奈川県だけではなく、山梨県も加盟しています。箱根駅伝の常連校として知られる山梨学院大学は、山梨県にある大学なので出場資格を満たしていることになります。

地方大会でもレベルは最強?

箱根駅伝は関東地区の大学が参加するローカルな駅伝大会です。しかし、日本の首都である東京を中心とする大学には、日本中から陸業競技の精鋭が集まってきています。地方大会であるといっても、地方大会の中では最高峰のレベルにある大会といえるかもしれません。

変わり種出場校は?

箱根駅伝はほとんどの学校が常連校で固められています。初出場校もありますが、なかなか良い結果を残すことができません。過去には変わり種の学校が出場することもありました。そのひとつが防衛大学でしょう。自衛官を養成する学校も出場していたのです。さらに、第一回の優勝校は東京高等師範学校です。これは聞き慣れない名前ですが現在の筑波大学にあたります。

毎年お正月の名物行事となっている箱根駅伝は、日本中の注目を集めています。ただし、主催者が関東学生陸上競技連盟であることからわかるように、関東地区の大学のみが参加できるローカルな大会です。しかし、関東地区の学校は日本中から陸上エリートが集まるわけですから、事実上日本最高峰レベルの地方大会といえるかもしれません。

「マラソンレース後に疲労回復するコツ」の詳細を調べる

    
コメント