ハードな文化系サークル

大学のサークル文化には、大きく分けて文化系と体育会系というものがあります。体育会系のサークルは厳しい上下関係があり、練習もハードであるといわれています。その分、就職活動などでは、使い勝手がいいため有利に働くといわれています。一方で文化系のサークルというのは、上下関係がゆるく、活動も実態があるのかないのかわからない、というものが多くあるでしょう。例えば英語研究会にいる人が英会話ができるかといえば疑問符が付くというのが正直なところでしょう。ですが、文化系にくくられるサークルの中には、実は体育会系ともみまがうハードなサークルもあります。


プロレスは文化系?

例えば、学生プロレスというジャンルがあります。実際のプロレスと同じようにリングネームを考え、さらに実況なども工夫して行います。さらに学生プロレスのレスラーというものは、実際に体を鍛えあげています。プロテインを飲んで筋肉増加を試みる学生もいます。これは実質体育会系ともいうべきものですが、実際は文化系のノリです。就職活動などでプロレスをやっていたというと、体育会系と勘違いされることはよくあるようです。

探検部も?

さらに探検部やワンダーフォーゲルといった部活動も、文化系にくくられています。ですがやっていることといえば、ハードな山登りであったり、秘境探検であったりするので、登山部と大差ないものであるとも言えるかもしれません。

「探検部と登山部の違いは?」の詳細を調べる

    
コメント