編集プロダクションはなぜ激務なのか?

本や雑誌を作る仕事は出版社が行っていると思われがちです。しかしほとんどの実務作業を請け負っているのは、編集プロダクションと呼ばれる下請けの作業所です。編集プロダクションは一般的に激務かつ薄給と言われています。なぜこのような構造になってしまうのでしょうか?


出版は権利か?

版元と呼ばれる出版社は、出版社としてのコードを持っています。これを持っていることによって、取次と呼ばれる流通機構を通して、本や雑誌を全国的に流通させることができます。本や雑誌を作ることは誰でもできますが、それを売るための努力は大変なものです。出版社のコードを持っていないと、自分たちで一軒ずつ書店をまわって営業をして、売上を回収していかなければいけません。最近はインターネットを通した通信販売なども行われていますが、圧倒的な宣伝力というのは書店に置いてもらうというということなのです。版元はこうした本を流通させる権利を持っていますが、編集プロダクションは持っていません。編集プロダクションが作った本や雑誌は版元を通して、取次流通を行うという構図になっているのです。必然的に編集プロダクションは下請けとして固定化されてしまうことになります。

締め切りがタイト

さらに編集プロダクションが請け負う作業は、手間暇がかかるものが多くあります。グルメ情報だったり、旅行情報だったり、確認作業が多くあるものもあります。各方面とやりとりをしつつ締め切りもタイトという仕事が多くあるので必然的に、激務が生ずることになるのでしょう。

「ドラクエから学ぶ! ブラック企業から抜け出す働き方」の詳細を調べる

    
コメント