偏差値の仕組みとは?

偏差値は、受験時の学校のレベルや、受験者のレベルをはかる数値として知られています。転じて、勉強の出来の良し悪しを判断するフレーズとしても使われます。例えば、アホっぽい言動に対しては「偏差値が低い」、ちょっと頭の回転が早いような行為に対しては「偏差値が高い」と言われることもあります。そもそも偏差値とはどのような仕組みなのでしょうか?


平均値は50

偏差値は、ある100点満点テストを行った場合に平均点が50点とした時の、成績の分布を配置したものです。平均点が50点のテストで100点だった場合は偏差値75、0点だった場合は25に設定されます。そのため、平均点が低いテストで高い得点を取れば偏差値は75を超えることがあります。一方で平均点が高いテストで著しく低い点数を取ると偏差値は25を下回ることもあります。しかし、テストの内容というのは受験者のレベルによっても異なります。難しいテストで平均点50点を獲得するのは大変でしょう。逆にとても簡単なテストで平均点が50点となれば、勉強ができないということになってしまうでしょう。つまり偏差値とはそのテストそのものに対しては相対的なものであるのですが、ほかのテストとは比べられない絶対的なものなのです。

比較はできない

偏差値というのは、ある集団の中における相対的な位置づけを把握するものとなっています。そのため、偏差値60だから頭がいい、偏差値50だから平均、偏差値40だから頭が悪いというのは、すべて同じサンプルの中で成立するものであって、ほかのテストと比較はなかなかできないものです。ある教科が難しければ偏差値50でも良い成績かもしれませんし、易しければ偏差値50ならば標準的ということになります。予備校の模試なども受験者のレベルによって、偏差値が大きく異なることがあります。一定の範囲内の中で自分の成績の位置を客観的に知るという点では良いツールなのです。

偏差値というのは、ある集団の中で相対的な位置づけをするというものです。条件を同じにしなければいちがいに各々を比べるということはなかなかできるものではありません。

「インターンも学歴差別? 難関大学生が1年生からインターンシップを始める理由」の詳細を調べる

    
コメント