編集者とライター

出版関係の仕事において編集者とライターというものがあります。この両者の違いはなんでしょうか。


編集者とは何か?

編集者とは本や雑誌を文字通り編集する仕事です。編集という行為は、実際には文章を取り扱うだけのものと思われがちですが、本作りにまつわるすべての行程に関わるのが編集者です。企画立案にはじまり、取材、文章執筆、ページのレイアウト、さらに文書の構成、本の出版後のクレーム対応などの事務処理などがあげられます。

ライターとは何か?

ライターとは文字通り文章を書く仕事のことです。ですが、ただ文章を書くだけではありません。企画を提出して、それが通れば文章を書きます。場合によっては、写真につける短い説明文であるキャプションや、ページにつけるキャッチといったフレーズを考えることもあります。

編集とライターの違いは?

編集という本作り雑誌作りに関わる仕事の行程のひとつに文章執筆という作業があり、それをライターが担当するというイメージで考えると良いでしょう。雑誌を見ると、文章の執筆者のところに編集部となっているところもあります。ライターをするにあたって、文章以外の要素、企画の内容であったり、ページのレイアウトであったりといった編集者的なセンスを持っていることは、大きな強みになることは言うまでもありません。

「トキワ荘時代の漫画連載枠は?」の詳細を調べる

    
コメント