編集長と副編集長の違い

雑誌には編集長と副編集長というポジションがあります。両者の違いはどういうものなのでしょうか。


編集長はアイデアマン?

編集長は雑誌のすべての制作をつかさどる司令塔です。編集長というのは雑誌全体を統括するポジションです。ですが、その雑誌のすみずみまでをフォローすることはできません。むしろ、雑誌全体に対して、おおまかなアイデアや枠組みを作り上げるのが編集長の仕事だといえるでしょう。

副編集長は実務?

一方で副編集長に求められる能力は、編集長をサポートする点でしょう。編集長のアイデアを、いかに具体的な形にしていくのか。さらに予算と、制作期間の中で最良のアウトプットを出すために、どう折り合いをつけるのかという意識も必要でしょう。副編集長は、編集長よりも、より実務的な作業がともなってくるといえるでしょう。

いいコラボがあればいい

雑誌の理想的な形としては、アイデアマンの編集長がおり、それをきちっとサポートできる実務家の副編集長というポジションがひとつあるでしょう。もちろん編集長が実務家タイプで、副編集長がアイデアマンというパターンでも良いでしょう。そこで効果的なものは、お互いの能力が良い感じでコラボレートしていくというものであるのです。

「出版志望と作家志望」の詳細を調べる

    
コメント