飛行機の東京大阪便なぜ存在?

新幹線で東京から大阪までの移動は現在、二時間半を切る時間で移動できます。とても早く便利な路線であるといえるでしょう。ですが、航空便の路線も東京大阪間に存在します。これはなぜでしょうか?


目的による

東京大阪間の航空便がいまだに存在している理由としては、国際線の利用というものがあげられるでしょう。羽田空港は国際化が行われて以降、世界各地に便が飛んでいます。そのため、大阪の伊丹空港だけでなく、日本各地の空港から羽田空港へ移動して、そのまま国際線に乗り継ぐといったことができます。

伊丹の立地

さらに大阪の国内線空港である、伊丹空港は便利な立地にあります。大阪市内へのアクセスはもちろん、神戸や京都への距離も近い場所にあります。高速バスを使えばスムーズな移動が可能となります。こうした立地の良さが、飛行機利用者が絶えないということにつながっているのでしょう。

搭乗手続きを含めても同じくらい?

さらに、飛行機というのは新幹線に比べて圧倒的に搭乗時間が短いです。東京から大阪までの移動時間は一時間です。搭乗手続きなどを含めると新幹線と同じくらいの時間がかかります。目的地によっては飛行機の方が便利ということもあるのです。

「飛行機は行き帰りでなぜ時間が違う?」の詳細を調べる

    
コメント