ひらがな覚える年齢は?

人間というのは生まれつき文字の読み書きができるだけではありません。文字は生まれてから、後天的に学習するものです。


いつ覚える?

日本人というのはひらがなだけではなく、カタカタや漢字、あるいはアルファベットなど複数の文字を用いて日本語を記述します。当たり前にできるように思われがちですが、生まれた時は、いずれの文字も覚えていませんでした。日本人の子どもの場合、何歳くらいで文字を覚えるものなのでしょうか。

3歳くらいから

日本人の子どもがひらがなを覚え始めるのは3歳くらいからといわれています。最初は自分の名前などに興味をもち、さらに、五十音が記された表を見たり、子供向け番組を見たりして文字を覚えていくようです。それでも、ひらがなには似たような形の文字も多くありますから、最初は混乱するようです。

保育園幼稚園でも教える?

さらに、保育園や幼稚園でも、ひらがなの学習は行うところが多くあります。場合によっては簡単な漢字の読み書きも勉強するようです。幼稚園や保育園に通うのは4歳から6歳くらいですから、このくらいの年齢になれば、ほとんどの子どもは、自分の名前くらいはひらがなで書けるようになっているといえるでしょう。

小学校で教える

さらに小学校に入って文字の学習を行います。ひらがなの読み書きはもちろん、さらに漢字の学習もはじまります。ひらがなと漢字を組み合わせて文章を作る練習もはじまります。小学校は義務教育ですから、それまでに文字を覚えていない人でも、ここで確実に覚えることになります。

識字教育は重要

日本というのは明治時代に入って初等教育を義務化しました。そこでは読み書きそろばんといった、社会で生きるために必要な最低限のスキルを教えることになりました。この政策は世界的にも注目されることになりました。

「トキワ荘時代の漫画連載枠は?」の詳細を調べる

    
コメント