本を出しても儲からないのは本当?

本を書いても儲からないという話が聞かれます。これは本当のことなのでしょうか。ベストセラーを出して夢の印税生活を考える人もいるかもしれません。しかし、本を書いても儲からないというのは残念ながら事実なのです。


なぜ儲からないのか?

それではなぜ本を出しても儲からないのでしょうか。それは著者の取り分の低さがあげられます。通常出版印税というのは10%とされています。例えば定価1000円の本ならば、1割の100円が印税となります。1冊売れるごとに100円入ってくるということになります。しかし、まったくの新人の場合は10%の印税契約をしてもらえることはまずありません。だいたい、ダンピングされることになります。さらに部数も少なめに設定されます。1万部を出してもらえればまだいい方で、大体は初版は5000部程度でしょう。あるいは3000部スタートなんてところもあります。それでは定価1000円の本が初版5000部刷られてがすべて売れた場合にはどうなるでしょうか。100円×5000で50万円の印税が入ることになります。

本作りは時間がかかる

しかし一冊の本を作るのには、数ヶ月の時間を要します。何度も書き直しをして、さらにはデザインなども練り込んだものを作り上げていくと、どんどんお金がかかっていってしまいます。場合によっては企画の立ち上げから本になるまで数年を要することもあります。それだけの時間をかけても得られるお金が50万円ということになってしまっては割にあわないというのが実情なのではないでしょうか。

「「鉄塔武蔵野線」の世界」の詳細を調べる

    
コメント