放送作家の法則

放送作家とは、ラジオやテレビなどの台本を書く仕事です。さらに、企画を考えることも放送作家の仕事のうちです。放送作家というと書く仕事というイメージが強いのですが、それよりも考える仕事という方が比重が重いといえるでしょう。


新人ほど忙しい

放送作家は新人ほど忙しくベテランになるほど、忙しさが減っていくといわれています。これはレギュラーの番組の数といったものではありません。いわば物理的な作業の量といったものが減っていくのです。そのため放送作家は大物になるほど書かなくなると言われています。放送作家は徒弟制度を取っているところも多く、大物作家が考えたアイデアを新人作家が文字化したり、具体化したりといった作業を行っていきます。さらに企画のもととなる事実をリサーチしたりといった作業も新人作家の仕事となります。ですから、新人の放送作家は寝る暇もないほど忙しいということはよくあるようです。

40歳定年説

しかし大物放送作家ものんきにかまえているわけにはいきません。放送作家の中でもよほどの大物にならない限りは、業界で生き残っていくのは難しくなります。さらにスタッフが年下となってくると仕事を頼みづらいといった状況に陥ることにもなります。そのため、放送作家は40歳で定年となるといったことは常々言われていることです。その後、文字の仕事として小説家となるなり、専門学校の講師となるなり、なんらかの手段を探さないといけないのが放送作家なのです。

「きゃりーぱみゅぱみゅと篠原ともえは似ている?」の詳細を調べる

    
コメント