初めての海外旅行は何歳?

今、海外旅行へ行くことは当たり前のことになっています。初めて海外旅行へ行くきっかけはどのようなものがあるでしょうか? 家族旅行で子どもの頃に行ったことがある、あるいは中学や高校の修学旅行で海外へ行くということもあります。さらに大学などでもゼミナールやサークルの旅行や研修で海外旅行へ行くこともあるでしょう。このくらいの年齢になると自由旅行として海外旅行へ行くこともあります。


旅に出る年齢

自由旅行の海外旅行者にとってバイブルのようになっている書籍として沢木耕太郎の「深夜特急」があります。これは26歳の沢木耕太郎青年が、香港へ渡り、そこからアジアを西へ進んでいく話です。単行本で全3巻で発行され、その後全6巻の文庫本になっています。この本の中で沢木は、旅に出る年齢について語っています。26~7歳くらいがちょうどいいのではないかという話がなされています。それがいいとされる理由は、まずある程度年齢が行っているので社会性がある、ある程度常識的な行動ができる、というものがあげられます。確かに若いうちに海外に出ると、つい羽目を外してしまうといったこともあります。場合によっては命取りになってしまうものもあります。それなので、26~7歳というのはちょうどいい年齢なのかもしれません。

一人旅デビューはいつ?

さらに、海外旅行というのはさまざまなスタイルがあります。パックツアーでいくのか、さらに社員旅行のような団体で行くのか、家族旅行か、友人に連れて行ってもらう旅行かとさまざまな旅があります。一人旅でも、海外にいる友人を訪ねるという旅などもあるでしょう。誰かに案内をしてもらう旅と、自分で切り開く旅は大きく違います。ソウルやバンコクなど有名な観光地でも一人旅をするのには大きな価値があるでしょう。

海外旅行というのは、どういう旅をするのか、あるいは何歳で行くのかというのが重要なポイントになります。沢木耕太郎は「深夜特急」において、26~7歳がちょうどいい年齢ではないかと述べています。

「中国ではお湯はタダ?」の詳細を調べる

    
コメント