ハイパーメディアフリーター黒田勇樹に学ぶ !あえて常識に逆らって生きる方法

元俳優で現在ハイパーメディアフリーター(!)という職業(?)で活動している黒田勇樹さんが、3年ぶりにドラマに出演しました。子供時代から俳優を続け30歳を前に劇的な転身。そして今なおツイッターなどで、着々とファンを増やし続けている黒田さん。HPもなかなか衝撃的です。地位も名誉も捨てて、常識を打ち破り、そして今は自分の思うがままに生きる。なかなかできることではありません。そこで今回は、あえて常識と逆を行きながら、自分らしく生きる方法をまとめてみました。


■明日できることを今日しない

「できるときにやっておかなくては」「食えるときに食っておかなくては」という時代ではないのです。明日のことは明日考える。それくらいの余裕を持ちましょう。
 

■苦労は買ってでもするべきではない

いまは別に買わずとも、苦労の種はあっちこっちにあるもの。しかし、眼前の苦労からは絶対に逃げないという姿勢で臨むこと。
 

■我欲を捨てるな

欲は煩悩だと言いますが、言い換えれば我欲は行動の源だということ。何をするにも基本は「自分のため」ということを忘れない方がいいのです。
 

■失敗したときこそ喜ぶ

失敗とは「そういうやり方じゃダメだよ」と教えてくれているということ。これが失敗の本質です。
 

■他人に迷惑をかけろ

人間関係は、ある意味迷惑のかけ合いみたいなもの。「自分もかけているのだから、相手の迷惑も受け入れる」という態度で臨むのが、もっとも友好的な態度ではないでしょうか。
 

■好いた事をして暮らすべきなり

人の人生は一度きり。好きなことをやって面白く遊ばなくては、生まれてきた甲斐がない!
 
もともと「もう俳優はしない」といっていた黒田さんなので、ドラマ出演はもしかすると今回が最後になるかもしれません。今後はハイパーメディアフリーターとしての活動に注目したいですね。
 
 

「人生はすべて「逆」を行け(川北義則)」の詳細を調べる

    
コメント