世界征服へのステップ【世界征服は出来るのか真面目に考えてみた特集(3)】

今まで世界征服の目的や支配者のタイプなどの「考え・価値観」について説明してきましたが、シリーズ第3弾となった今回からは実際に世界を征服していきます。世界征服のポイントは「ヒト」「モノ」「カネ」です。世界征服のプロセスを見ていきましょう。


■世界征服の手順

自分がどんなタイプの支配者かはっきりしたら、実際に世界征服をやってみましょう。その際に、目標・ビジョンと同じくらい大切になってくるものが人材や物、資金といったものです。以下はしっかりと足場を固めることから始まる世界征服への5つのステップです。

1. 目標設定

まずは世界征服後の目標を示すことから始めましょう。目標がしっかりしていて多くの人が共感できる理念ならば、人材は集まりやすいです。また、世界を征服すること自体が目的の場合は燃えつき症候群になることもあるので目標はしっかりと決めておきましょう。征服後をイメージすることでモチベーション維持にもなります。まだ、気が早いように思えますが一応後継者も考えておくのが無難ではあります。

2. 人材の確保

自分一人の力だけでは世界征服なんてできません。目標が決まったら、まずは人を集めましょう。人集めの際は、征服後のメリットをしっかり説明して集めるのがコツです。また、世界中に養成所を設置したガッチャマンの敵、ギャラクターのように自前で育成するのもアリです。福利厚生で人件費が意外にかかるので注意。人材雇用のノウハウがあると役に立ちますね。

3. 資金調達と設備投資

人がいても住む場所とお金がなければ始まりません。最初は都心へのアクセスが良く、家賃もお手頃な阿佐ヶ谷・高円寺あたりのアジトから始めていくのが定石かと思われます。ゆくゆくの秘密基地建設のために我慢する時です。お金は支援者の寄付や銀行強盗がコスパに優れています。悪の組織としても箔がつきますし。

4. 作戦と武装

お金も人も揃ったら実際に作戦開始。その時の注意することはみんなの頭に目的が共有されているかどうかです。目的は混乱ではなく新しい秩序を作ること。幼稚園バスを襲うことは混乱させるだけで意味が無いです。気を付けましょう。銃なんかはターミネーターのように銃砲店で奪うのが手っ取り早いですね。

5. 部下の管理

世界征服を企む組織であっても反省会はちゃんとします。予習復習に善悪は関係のです。一見、「失敗したら死ね」は悪の組織らしいのですが、一個人でもある部下にとっては不安が増すだけです。一般企業以上に労働条件には気を遣いたいところであります。部下を雑に扱わないように。

現実世界にしても世界征服にしてもお金や信頼関係が大事なのは変わりません。鉄則はいつでも変わらないものなのです。次はいよいよ最終回、世界征服後について考えていきます。世界征服の理想と現実のギャップや、得かどうかを考えていきます。

「「世界征服」は可能か?(岡田 斗司夫)」の詳細を調べる

■過去特集記事

「世界征服の支配者【世界征服はできるのかまじめに考えてみた特集(2)】」

「世界征服の目的【世界征服はできるのかまじめに考えてみた特集(1)】」

    
コメント