世界征服の目的【世界征服はできるのかまじめに考えてみた特集(1)】

人類史上未だに成し遂げられたことのない世界征服。広大な領地や人民を持っていたローマ帝国でさえも叶わなかった世界征服ですが、文明が発達した現代ならできるのでは?もしかしたら逆に難しくなっているかも・・・。そんな世界征服について考えてみました。まずは世界征服の目的についてからです。


■世界征服の目的

世界征服と言っても種類があり、目的によって世界征服の仕方が変わってきます。大きく分けて以下の5パターンがあります。

1. 人類絶滅
文字通り、人を一人残らず滅ぼすことです。宇宙戦艦ヤマトのガミラス人がこのタイプにあたり、彼らは自分が移住するために邪魔者を滅ぼしていました。邪魔者がいなくなった後の世界は自分たちしかいないので暮らしやすいことこの上なしです。

2. 金
これも文字通りでお金のために世界を征服することです。世界征服と聞いて真っ先に思い浮かぶのがお金ではないでしょうか。ヤッターマンのドクロベエがチャレンジしています。この場合、人類が絶滅したら貢ぐ人がいなくなるので困るような気がします。

3. 支配されそうだから逆に支配
考え方がまっぷたつに分かれている勢力同士にありがちなパターンです。ガンダムの地球連邦軍とジオン公国の対立が分かりやすいでしょう。この征服は思想の違いによって起きたもののであるため、一概に征服者が悪であるとは限りません。

4. 悪の繁栄
悪を広めるために世界を征服するというパターンです。ドラゴンボールのピッコロ大魔王が代表例でしょう。これはお金を儲けたい等の欲望を満たすためではなく、ただ単に悪が広まることにエクスタシーを感じる人が取りやすい手法です。対策するにしても、悪を広めること自体が目的のため大変でしょう。

5. 意味不明
何を目的にしているのか意味がわからないタイプです。北斗の拳のサウザーがいい例で、子供に過酷な労働を強いてエクスタシーを感じているのがサウザーです。だいぶ未来を生きている感じがします。

今回は「何のために世界征服をするの?」ということについて書きました。意外にも世界征服の目的は5つしかなく、いずれもわかりやすくシンプルなものです。世界征服を企む際は是非、参考にしてみてください。次回は征服する人のひととなりを考えてみたいと思います。

「「世界征服」は可能か?(岡田 斗司夫)」の詳細を調べる

    
コメント