医学部再受験の実態

日本でお医者さんになろうとしたら、日本国内の医学部を卒業し、医師国家試験に合格しなければいけません。そのため、医学部を目指して大学を卒業したあとに再受験をする人たちがいます。


長い道のり

医学部の再受験に関しては多くの人がブログを開設しています。そこでは、医学部再受験に関する勉強法や、受験日程などが事細かく記されています。医学部の再受験は、全国各地の医学部を、北海道から鹿児島まで一通り受けるということが行われています。その間の交通費や宿泊費などはもちろん自己負担です。受験時にベストなコンディションで挑まなければいけないため、青春18きっぷで向かう、夜行バスで向かうといったことは体調に悪いため、あまり選択されていないようです。つまり、とにもかくにもお金がかかるのが医学部再受験であるといえるでしょう。

成功率が低い

さらに、受験勉強というのは、勉強量に対して努力がむくわれるという信仰があります。そのため医学部再受験に関しても同じような意識で挑む人が多いようです。ですが、医学部再受験の中でも成功している人は、実際は数%ともいわれています。つまり、勉強したからといって必ず受かるとは限らないというのが医学部再受験の実態なのです。

動機も求められる

さらに医学部というのは、お金をかけてその人を医者にするために養成するわけですから、当然なぜ医学部を受験したいのか、医者になりたいのかという動機が求められます。ですが、子どもの頃の夢をかなえたい、といった幼稚な理由ではいけません。特に、医者が不足している地方などで勤務してくれる人材を求めているようです。相応の覚悟が求められるのが医学再受験だといえるでしょう。医学部の研究領域の中には臨床医学のおおもととなる基礎医学と呼ばれる分野もあります。いわば医学部の研究職ですが、基礎医学を専攻したいという動機はあまり歓迎されないようです。

「男性が女性より早死にする理由って?」の詳細を調べる

    
コメント