図書館の寄贈は意味がない?

よく本を持てあましている人が、図書館へ寄贈を考えることがあります。しかし、図書館への本の寄贈というのは、よほどのことがない限りあまり意味があるものではないと言われています。


ベストセラーなら

図書館へ本の寄贈をする際には、何か価値がなければいけません。例えばベストセラーならば、予約件数が多いため、多くの複本を必要としているので喜ばれるでしょう。さらに、ある体系にもとづいて構築されている蔵書ならば、これも価値が生ずることがあるでしょう。例えば、あるテーマを専門的に研究している蔵書ならば、のちのちの研究に役立つこがあります。しかし、そうした著名な研究者の本が、街の図書館へ寄贈されることはありません。古本屋に引き取られるか、研究機関に寄贈されることが考えられるでしょう。さらに、ある雑誌のバックナンバーがすべてそろっている、あるいは数年分にわたってそろっている、という場合にも役立つことがあるかもしれません。

誰もが持っている本はいらない

図書館の寄贈本でもっとも必要とされないものは、誰もが持っているもの、すでに図書館が持っているものです。それは同時に、古本屋で買取値がつかないような本でもあります。結局、古本屋にも買取がしてもらえないが、捨てるのは忍びないという本が、図書館へやって来るのです。こうした寄贈本は、最終的には除籍コーナーで、利用者に配布されるくらいしか使い道はありません。

「ブックオフで古い本を探す方法」の詳細を調べる

    
コメント