田舎のホーロー看板ギャラは

田舎へ行くとさまざまな企業や商品の看板がかかげられていることがあります。ホーロー製の看板のため、錆びずにほこりをかぶってレトロな看板として残されていることもります。レトログッズ収集家にとっては、垂涎もののアイテムであると言えるでしょう。実際、美品は高値で取引されているようです。


どうやって設置

田舎の民家の軒先などに掲げられているホーロー看板はどのように設置されるのかといえば、メーカーの担当者が一軒ずつ回って、設置をお願いしていったようです。やはり、地道な努力が身を結ぶのかもしれません。

ギャラは出ない?

さらに、看板設置にあたってのギャランティはどの程度かといえば、実は現金というのは少なかったようです。例えば、商品を取り扱ったものでは、その商品を2~3個置いておくといったことが行われたようです。つまり、毎年いくらかでも現金が入ってくるといったロイヤリティではないのです。

ゆるい時代

つまり看板の設置にあたっては広告料などの契約などは行われていなかったことになります。いわば、ご近所の商店にイベントの告知ポスターを貼らせてもらうような気軽な感覚で、看板が設置されていったのかもしれません。そのため、レトログッズとして多くの看板商品が出回っているのだということもできるでしょう。

「できる人はなぜ、本屋で待ち合わせをするのか?」の詳細を調べる

    
コメント