いたちごっこの語源とは?

物事に終わりがないさまを「いたちごっこ」と表現することがあります。これはどのような語源を持つものなのでしょうか。動物のイタチに何か関係があるものなのでしょうか。


子どもの遊びだった

いたちごっこの語源は、江戸時代の後期に流行った子どもの遊びから取られています。これは「いたちごっこ」あるいは「ねずみごっこ」と呼ばれていたようです。この言葉を発しながら相手の手の甲をつねっていきます。これは順番にしてゆきます。両手がふさがったならば、一番下にある手を上に持って行き、さらに手の甲をつねるようにします。この動作には終わりはありません。

素早さが勝負だった

この「いたちごっこ」は、何の変哲もない遊びのようですが、どこに重きが置かれていたのかといえば素早さにあります。どれだけ早くできるかということがひとつの競うポイントであったので、動作の早いいたちやねずみに例えられたのだと言えるでしょう。

いつまでも続くさま

そのため、いつまでもらちが明かず終わりがない、きりがないということをいたちごっこと言うようになりました。しかしながら、この遊びというのは現在はまず行われていません。やはり、物事に何かしらの勝敗がつけられるゲーム性がなければ楽しめないというのが実情だといえるかもしれません。

    
コメント