伊豆、小笠原諸島はなぜ東京

関東地方の南には、諸島部がつらなっています。伊豆大島にはじまり、八丈島から青ヶ島に至る伊豆諸島、さらにその下に火山列島がつらなり、さらに1000キロ南には小笠原諸島があります。これらの地域はすべて行政区分は東京都となっています。東京都よりも南にある千葉県、神奈川県、静岡県の管轄ではなく、東京都であるのはなぜでしょうか?


経済的な結びつきのため

明治に入り、廃藩置県が行われる前までは、伊豆諸島は伊豆国に所属していました。確かに地理的に近い場所ですから、当然といえるでしょう。ちなみに、その頃の小笠原諸島はまだ、正式に日本の帰属とはなっていない、太平洋上の孤島でした。

しかし、明治に入って間もなく、伊豆諸島は東京都に編入されます。明治の初期にはすでに東京都(当時は東京府)となっていました。これは、伊豆諸島と江戸の経済的な結びつきによるものです。江戸時代から伊豆諸島の経済は、海産物などを江戸に運ぶことで成り立っていました。そのため、経済的な結びつきとともに、行政面においても伊豆諸島と東京都の結びつきが自然と強くなっていったという経緯があります。

要所としての島々

さらに小笠原諸島が日本の領土となると、地方の県ではなく、東京による管理が行われた方がよいと判断されました。1000キロも離れた場所の管理を地方の県が担うというのはなかなか大変な仕事であったためです。

「日本の世界遺産は?」の詳細を調べる

    
コメント