エベレストに登った日本人は何人?

お笑い芸人のなすびとイモトアヤコが同時期にエベレスト登頂にチャレンジしようとしている。犠牲者の出た雪崩事故が起きた直後だけに登頂が見送られる可能性も出てきた。

エベレストは世界最高峰の山として知られている。多くの登山家にとって憧れの山となるのだろう。これまでエレベストに登頂を果たした日本人はどれくらいいるのだろうか。


日本人初登頂は植村直己

日本人がエベレストに初登頂を果たしたのは1970年5月11日のことである。松浦輝夫と植村直己が南東稜に登頂を果たした。

植村直己は、冒険家としてヨーロッパのアルプスの名峰であるモンブラン、マッターホルンのほか、アフリカ最高峰であるキリマンジャロなどの山々を制覇し、エレベスト登頂を果たした。

その後の記録は?

その後、1975年には田部井淳子が女性として初めての登頂記録を打ち立てる。

1980年には加藤保男が、チョモランマと呼ばれる中国側から外国人として初登頂を果たす。加藤は、1973年にネパール側から登頂を果たしており2回目のエレベスト制覇となる。

その後、2013年までにのべ198名の登頂者がいる(複数回の登頂者もカウント)。最新の記録は、2013年5月23日に80歳で登頂を果たした三浦雄一郎である。

今後、イモトとなすびの双方が登頂を果たすと記念すべき200人目となる可能性もある。新たなる記録が樹立されるのか。気になるところだ。

「ネタ・雑学情報」の詳細を調べる

    
コメント