日本一長い私道って?

私道と呼ばれるものがあります。個人または団体が所有している土地を道路として利用している区域のことですね。町中を歩いていると「私道につき通り抜け厳禁」といった看板を目にすることもあります。たいていの場合、そういった道は便利であったりするのですから、つい通ってしまう人も多いでしょう。私道というのはそういった、ある特定の限られた区間にあるものといった印象が強いですが、実際はそればかりとは限りません。

日本一長い私道がある

山口県の宇部市には、日本一長い私道があります。この私道はなんと30キロ以上にもわたって続いているそうですから、ちょっとした有料道路くらいの規模であると言えるでしょう。山口県宇部市にある日本一長い私道は、宇部興産専用道路になります。宇部興産は化学薬品、セメント、機械などを製造する会社であり、セメントの原料を運ぶために建設されました。

大量輸送

セメントの原料は大量の輸送が必要となるため巨大なトレーラーが必要となります。それを一般道路で走らせてしまっては、道路を傷めてしまいますし、さらには交通渋滞や、公害問題などがあるでしょう。そこで専用の道路が建設されたわけです。宇部興産専用道路を通るには専用のライセンスが必要となっています。一般道路とも分けられているので間違って入ってしまうといったこともありません。いまだに現役の日本一長い私道として活躍しています。