塾講師は夜型?

仕事にはさまざまなタイプがあります。その中で、不規則な生活にどうしてもおちいってしまうというのもあるでしょう。夜型になってしまう、仕事のひとつに塾講師があります。


なぜ夜型?

塾講師はなぜ夜型になってしまうのでしょうか。それは基本的には塾の仕事というのは、夕方生徒が学校が終わってからはじまります。授業が始まるのはどんなに早くても五時か、六時になります。そこから、三時間および四時間くらい授業をこなすと、九時、十時といった時間になってしまいます。そこから、授業の後片付けや、翌日の準備や、雑用などをこなしていくと、十一時、十二時といったものになってしまうでしょう。そこから家へ戻って、ゆったりとしていると、寝る時間は明け方近くになってしまいます。

朝はひま?

夕方から夜にかけて働く分、塾講師というのは午前中から仕事をすることはまずありません。学校が長期の休みとなる場合には、朝から講習が行われることもあります。ですが、基本的には午後から仕事が始まるといって良いでしょう。そのため、塾講師の仕事というのは、朝まで本を読んで過ごして、午後起きて仕事へ向かうということも可能です。いわば学生時代の延長線上のような生活も場合によっては可能です。ですが、収入や雇用が不安定かつ、生活も不規則という業界なので、よし悪しもあると言えるでしょう。

「インターンも学歴差別? 難関大学生が1年生からインターンシップを始める理由」の詳細を調べる

    
コメント