渋滞はなぜ起こるのか?

ゴールデンウイークや年末年始などには渋滞がよく発生します。こうしたシーズンだけでなくとも、連休の最終日などにも渋滞が発生します。一度渋滞にハマってしまうと、やはりストレスがたまります。できれば渋滞にハマってしまいたくないものです。そもそも渋滞はなぜ起こるのでしょうか?


明らかな原因

まず渋滞が起こる原因として、明らかに原因がわかっているものがあります。それが事故や、故障車などの存在です。交通量が多い場合は、事故現場などで車が詰ってしまい自然と渋滞が発生します。事故や故障車などの渋滞の場合は、事故処理が行われることによって、原因が取り除かれるので渋滞は解消します。ある意味ではこれは仕方のないものであると言えるでしょう。

自然渋滞

事故などが発生していないのにも、渋滞が発生してしまうこともあります。これは、渋滞が発生してしまうポイントというものがあります。ラジオの交通情報などを聞いていると、いつも同じ場所が渋滞していることがわかるでしょう。その場所には、ある特徴というべきものがあります。ひとつは、ゆるやかな上り坂になっているような場所です。これは、気づかないうちに、車のスピードが落ちてしまっているので、自然と車が詰っていってしまうということで渋滞が起こります。同じような効果がでてしまう場所としては、トンネルなどもあげられます。トンネルの中に入るとどうしても圧迫感があるため、自然と速度が落ちるということもあるようです。そこでトンネルの出入口附近を先頭に渋滞になってしまうということもあるようです。

料金所も渋滞

さらにかつては料金所を先頭とする渋滞も発生していました。これは、料金支払いの際に、手間がかかるため、渋滞を起こしてしまうということになるでしょう。ETCの導入などで、料金所の渋滞は減りつつあります。

高速道路の渋滞にはさまざまな原因があります。事故や故障車、あるいは料金所などの渋滞は原因が明らかです。一方で、ゆるやかな上り坂や、トンネルの出入口などでは自然とスピードが落ちるので、気づかないうちに渋滞が発生してしまうこともあります。

「地下鉄有楽町線は軍事路線だった?」の詳細を調べる

    
コメント